記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第14話 包帯ってすげえよな

「包帯ってすげえよな」

時々、そう思うことがよくある。
傷も治る、毒も抜ける、幽霊も生き返る。
地球の外科医も真っ青だ。
(まあ、ネクロ+騎士道はもっとすげえが)

今まではモンスターを狩るついでに、包帯巻いてなんとなく治療スキルが上がってた感じだったが、少しばかり治療スキルの修行でもしようかなと思った。
とーなると、

「毒罠箱ほしくなるなー」
「それならうちのギルメンに作れる人いるっしょ」

酒場の開店準備中のギルマスに聞いてみたら、紹介してくれた。ローブを着たお姉さんは「毒罠箱?」と小首をかしげると、

「いいよ。少し待って」

・・・それから数分・・・

「はい、お待たせ」
「おお」

大箱の中に、毒罠箱の小箱が10個ほど入っていた。早速箱をダブルクリックしてみると、鍵かかかっていますのメッセージが。

「APB風にはなってないのな。よし、ちょっくら魔法屋行ってくるぜ」
「?」

小首をかしげるお姉さんを前に、シーバスは速攻で道に迷いながら魔法屋から帰ってきたんだとさ。そして、
「できたーっ。 ありがとうな!!」
よかった、というお姉さんの笑顔が今回の収穫だと思った。



目次 : 騎士日記目次
次へ : 第15話 沼ドラとの親愛化
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:シーバス・リーガル
ブリタニアで騎士を目指している酔っ払い。
まだまだ騎士見習いにも程遠いが、どうなるかなー。

最新コメント

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。